足の毛穴の色素沈着はなんでできるの?足の毛穴が黒ずんでる方へ

足の毛穴の色素沈着はなんでできるの?足の毛穴が黒ずんでる方へ

足の毛穴の色素沈着はなんでできるの?足の毛穴が黒ずんでる方へ

 

 

足の毛穴まわり中心にできてしまう茶色ぽいシミ。

 

一度できてしまうとずっと残ってしまって色素沈着してしまいショックを受ける方もいるのではないでしょうか。

 

一般的にこの足の毛穴にできてしまったシミは、黒ずんでしまうことが多いようです。

 

足の毛穴の原因は、主にカミソリや毛抜きを使用したムダ毛処理から、毛穴や肌を傷つけてしまい色素沈着になってしまうのです。

 

一般的に、色素沈着実というと体に悪いというイメージですが、実は体に害はなく、ほとんどが自然に治癒されるんです。

 

しかし、色素沈着は中々治るのにすぐには治ることが少ないでしょう。

 

とても、厄介なことに治りにくいのが特徴で中には、1年以上残ることもあるのです。

 

今回は、足の毛穴にできた色素沈着の原因をご紹介します。

 

典型的な足の黒ずみ毛穴(色素沈着)はムダ毛処理後の炎症を起こしたそのあとがシミとして残った場合で、色は茶色やグレーや黒など様々です。

 

 

 

足の毛穴に起きる色素沈着

 

 

足にできる色素沈着には、様々な種類があります。

 

ホクロやそばかすもなんと色素沈着のひとつなんです。

 

ホクロやそばかすの場合は、先天性の色素沈着と呼ばれています

 

毛抜きやシェーバーを使用するムダ毛処理は、お肌に刺激を与えます。

 

その肌に刺激を与え、足の黒ずみ毛穴のように発生した場合は、後天性の色素沈着と呼ばれています。

 

 

 

足の毛穴の色素沈着ができるには理由がある

 

 

人間は、生まれた時から備わっている防御反応。

 

実は色素沈着も防御反応の一部だということをご存知でしたでしょうか。

 

外部から摩擦、やけど、傷、はれもの、かぶれといった強い刺激をお肌は受けると炎症を起こします。

 

炎症によって活性酸素ができ、メラノサイトが「真皮」と呼ばれる肌の奥深いところにメラニンを生成します。

 

メラノサイトがメラニンを生成することから、肌が黒ずむことが足の黒ずみ毛穴すなわち色素沈着の原因になるのです。

 

特に、デリケートな肌を保つ敏感肌やアトピー肌などの方には、炎症によって発生する「炎症性色素沈着」が多く見受けられることが多いでしょう。

 

同じ色素沈着でも、後天性の色素沈着である日焼けが治りやすいですが、足の黒ずみ毛穴になってしまうムダ毛処理は、治りが遅いことには理由があります。
軽度の日焼けの場合には。肌の表面に近い部分が黒ずみます。表面のみの黒ずみは、新陳代謝によって比較的早めに元の肌色に戻るとされいます。

 

対して、肌の奥のほうにメラニンを生成する炎症性色素沈着のなので、元の肌色に戻るためには時間がかかるとされいます。

 

効果的な足の黒ずみ毛穴の最大の予防策は、お肌にダメージを与えないように自分に最適なムダ毛処理方法を見つけることが大切なポイントです。

 

 

 

まとめ

 

足の色素沈着は、多くの場合間違った自己処理が原因とされています。

 

色素沈着が気になる足の毛穴には、勇気を出して長期間の間自己処理を休むのが効果的な方法でしょう。

 

例え、足の毛穴にできる黒ずみや色素沈着の肌トラブルが起きてしまっても、しっかりと正しい処理方法で肌ケアを行うことで改善することができるのです。

 

是非この記事を参考に足の毛穴にできる黒ずみを理解して見てくださいね。

 

 

トップへ戻る