足の毛穴のブツブツには3種類あった!それぞれの原因と改善策は?

足の毛穴のブツブツには3種類あった!それぞれの原因と改善策は?

足の毛穴のブツブツには3種類あった!それぞれの原因と改善策は?

 

 

 

気がつくと、ふくらはぎや太ももにできる毛穴周辺の赤いブツブツ…。

 

足の毛穴が目立ちブツブツしているとなんだか目立ってしまい、人に見られているのではないかと気になってしまいますよね。

 

また、かゆみや痛みの不快感から来る足の毛穴のブツブツに悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。

 

多くの人が悩む足の毛穴のブツブツ。実は、症状の種類と原因を理解することで効果的な対策方法がたくさんあるんです。

 

この記事では、足の毛穴のブツブツの原因や種類と改善方法をご紹介します。

 

 

 

 

足のブツブツの種類と原因

 

1.炎症タイプ

 

炎症タイプには、かゆみや痛みの症状があるとされています。

 

一般的に原因は、自己処理です。

 

足の赤いブツブツは、自己処理する炎症です。

 

カミソリやシェーバーを用いることで、カミソリと、ムダ毛と一緒に足の肌の表面まで剃ってしまいます。

 

そのため、肌の角質層に細かな傷が付き炎症が起こる場合や雑菌によっても引き起こされます。

 

 

2乾燥

 

足は、皮脂がほとんど分泌されない部位です。

 

足の毛穴こそが最も乾燥しやすい部位なんです。
そのため乾燥しやすいすなわち、敏感な部分で炎症を起こしやすいことら、足に赤いブツブツと毛穴が目立ちやすくなってしまいます。

 

 

3.毛孔性苔癬タイプ

 

足にかゆみや痛みの症状がありません。

 

親からの遺伝や敏感肌や肥満が原因とされています。

 

赤いブツブツに痛みやかゆみがない場合は「毛孔性苔癬」であると言えることが多いようです。

 

 

4.色素沈着による黒ずみタイプ

 

毛穴に色素沈着して黒ずみになっている場合もあります。

 

足の毛穴に埋もれ毛があるわけでもないのに黒ずんでいる人はこのタイプです。

 

足の毛穴をよく観察してみましょう。

 

足に顔ほど念入りにケアしている人は少ないため、気付けば黒ずみが進行してた…なんてことになりやすいです。早めの対処が改善のカギになりますので、できるだけ早くお手入れをはじめていきましょう。

 

 

 

足の毛穴のブツブツの改善方法

 

1.炎症タイプ

 

足の毛穴にできる赤いブツブツは、カミソリやシェーバーの雑菌が原因で引き起こされるため、清潔にカミソリやシェーバーを保ち雑菌の繁殖を抑えることが最も大切でしょう。

 

お風呂場などに保管していると湿気から雑菌だらけになってしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

 

2.乾燥

 

赤いブツブツの対策に、大切な保湿。

 

肌のバリア機能効果を高め、ひざ下の乾燥を防ぐ保湿成分が有効的です。

 

炎症を抑えるには、現在すでに傷ついてしまっている足の毛穴にある肌の赤みをケアする保湿が大切なポイントです。

 

 

 

3.毛孔性苔癬

 

周辺に古い角質が溜まり毛穴を角栓が塞ぐことから、ブツブツとした見た目になる皮膚状の疾患です。

 

一見、ニキビと感じるような見た目です。しかし、ニキビとは異なり、細菌の繁殖によって炎症が起きている状態ではありません。

 

痛みやかゆみはありませんが、症状が長引くことが多いとされているようです。

 

毛孔性苔癬の治療方法は、毛穴の中で起きているため、ピーリングなどの表面ケアでは治療が難しいのです。

 

そのため、レーザー脱毛で毛と同時に毛穴の角質を取り除くと効果的でしょう。

 

 

 

4.色素沈着による毛穴の黒ずみ

 

紫外線対策

 

まず、シミによる黒ずみができないように紫外線対策を徹底するようにします。

 

これは改善というより予防策にはなりますが、足を出す日はかならず日焼け止めをたっぷり塗るようにして、プールや海に入ったり汗をかいた後は塗り直すようにします。

 

 

摩擦・刺激を避ける

 

足の毛穴に色素沈着させないためには、摩擦・刺激になることは避ける必要があります。

 

カミソリでの自己処理はやめて除毛ローションや脱毛サロンでお手入れするようにしたり、日常生活でも足に摩擦・刺激になることは控えるようにします。

 

 

保湿ケア

 

保湿はスキンケアの基本ですよね。

 

肌が乾燥すると毛穴が目立ってしまうので、足にもたっぷり保湿する習慣をつけます。

 

ボディーローションやボディークリームは油分が多いので、それより先に化粧水で保水するのがおすすめです。

 

ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタ、セラミド、スクワランなどの保湿成分が配合された化粧品なら、肌の中にうるおいをキープしてくれます♪

 

脱衣所に化粧水とボディークリームをスタンバっておいて、できるだけ毎日塗るようにしましょう。

 

「顔には保湿するけど足には全然…」という習慣が続くと、足の毛穴はどんどん目立ってしまいます(>_<)

 

触りたくなるようなつるつるの足になるために、コツコツとお手入れをがんばりましょう^^

 

 

 

足の毛穴を悪化させる主な原因

 

自己処理による刺激

 

足の毛穴が色素沈着によって黒ずむ最大の原因がコレです。

 

自己処理や乾燥、衣服や寝具などの摩擦・刺激で肌がこすれて色素沈着し、黒ずんでしまうのです。

 

とくにカミソリでの自己処理は肌の角層(肌の表面、1番上にある層のこと)まで剃ってしまいやすく、肌のバリア機能が低下しやすいので要注意!

 

バリア機能とは?

 

バリア機能とは、乾燥や外部の刺激から肌の内部をまもる機能のこと。肌の中のうるおいを守ったり、ウイルスが入らないように守ってくれる防御機能がある。

 

 

 

紫外線

 

紫外線はシミの元であるメラニンを作り出すので、紫外線によって足の毛穴にシミのように色素沈着してブツブツになることもあります。

 

顔にはパッチリでも、足にまで日焼け止めをこまめに塗るなんて、よほど美意識が高くないとやらないですよね。

 

しかし、紫外線は年中降り注いでいるので、足の毛穴にシミとして定着してしまうのです。

 

 

 

足の毛穴をなくす生活習慣

 

足の毛穴をなくす生活習慣1 運動

 

体を動かして代謝をアップすることで、毛穴レス度をアップさせることができます。

 

運動が苦手な人はお風呂に長めに浸かるだけでもいいので、体が温まるように工夫してみましょう。

 

 

 

足の毛穴をなくす生活習慣2 ストレスを溜めない

 

ストレスがかかると交感神経が優位になり、男性ホルモンが増えて皮脂が増えてしまいます。

 

皮脂が増えると毛穴も大きく開いてしまうので、ストレスを溜めないことも立派な毛穴対策になります。

 

思いっきり運動したり、涙を流したり、カラオケで叫んだり、自分なりの発散方法をみつけて溜め込まないようにしましょう。

 

 

 

足の毛穴をなくす生活習慣3 バランスよく食べる

 

肌は食べたもので出来ているので、バランスの良い食事は毛穴レスになるためにとても大事です。

 

こってりした食べ物(揚げ物、ラーメン、スナック菓子、ファストフードなど)や甘いもの(ケーキ、アイスなどのスイーツ、炭酸飲料などの甘い飲み物)は皮脂を増やし毛穴を汚くしてしまうので、できるだけ避けるようにします。

 

完全に断つのはストレスなので、我慢できそうなときは我慢するだけでもOKです。

 

一方、毛穴レスになるために効果的なのは「美肌ビタミン」と呼ばれるビタミンA、C、Eが含まれる食べ物です。

 

肌そのものをつくる材料になるたんぱく質も、たっぷり摂るようにしたいですね。

 

 

 

足の毛穴をなくす生活習慣4 睡眠をたっぷり

 

睡眠をたっぷり取るようにしたり、規則正しい生活を送ることも大事です。

 

なるべく同じ時間に寝起きして、生活リズムが崩れないように心がけます。

 

肌のターンオーバーが乱れるとキメも乱れてしまうので、休みの日でもなるべく同じ時間に寝起きするのがオススメです。

 

 

 

まとめ

 

今回は、ブツブツした足の毛穴の種類や原因、改善方法をご紹介しました。

 

このブツブツは、黒ずんで見えてしまうことが悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

目立たせずに、肌を優しいなめらかに整えるために保湿や清潔にシェーバーを管理することは欠かせません。

 

美しいツルツルと毛穴が目立たない素敵な足へと一歩近づくために、ぜひ紹介した対策方法を取り入れてみてくださいね。

 

 

 

 

トップへ戻る